FC2ブログ

肥満細胞腫

先週の水曜日に、動物病院からハナのおできの検査結果の連絡がきました。
「肥満細胞腫」という事でした。
『皮膚型』と『内臓型』があり、今の段階ではどちらとも言い切れず、内臓にも腫瘍があるかどうか調べた方が良いと。
1週間後の今日、予約を入れ調べてもらう事にしました。
この1週間はネットで検索したり、同じ肥満細胞腫の治療をした猫ちゃんのブログを探してみたり、なんとも落ち着かない。^^;

検査内容は、エコー、血液検査、レントゲンの3つで午後12時にの予約なので、前日午後9時以降は絶食となりました。


IMGP3539.jpg
「朝ごはん・・。」


私もがまんするよ!ハナ。 (○´・Д・`)ノ




IMGP3543.jpg
「ごはん。」   「ごはん・・・。」

サクも巻き添えの絶食・・・。スマン。

空腹に耐え、空腹の猫の悲しげな顔にも耐えながら午前中は過ぎ、夫がハナを病院に連れて行きました。
キャリーに入れられるハナを見ていたサクが怯えて静かになってしまいました。^^; まいったな。

IMGP3551_20170927193301165.jpg

常日頃、じゃれて裾をほどけさせてしまったカーテンにくるまって隠れていたサク。

心配しないで、ハナちゃん帰ってくるから (*'-'*)

こんなんじゃ、11月のワクチン大丈夫かな・・


IMGP3555_2017092719330075a.jpg

3時に帰ってくる予定でしたが、急患が入り、お迎えは5時に延びてしまいました。
ドキドキが延長・・。




20170927190130701.jpg
ガツガツガツガツ・・・


ハナちゃん帰還。

結果は、内臓には腫瘍がありませんでした。

バンサーイヽ(≧∀≦)ノ 



良かったー・・・。

頭部の細胞腫は取り除いた方が良いとの事でしたが、検査の時にできた瘡蓋が取れたり、薬を塗っているうちにほとんど無くなってしまっていたので、ここはしばらく経過観察で。


IMGP3547.jpg
「おなかいっぱい。」





ハナもサクもまだ、若いから病気の治療や介護の事をゆっくり考えようと思っていたので、とても動揺しました。
先代のドラを介護した時に、失いたくなくて無理をさせてしまったのではないか・・と今でも悩み後悔しています。
QOLを保つ為の緩和ケアをもっと考えてあげられていたら、どうだったのかな・・。

考えても、考えても、まだ答えは出てきませんでした(^_^;)
ハナもサクも元気でいて、私にゆっくり考えさせて欲しいなぁ。



スポンサーサイト



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ありがとうございます